【30秒診断】水草が育たない原因をチェック!

サウルルス

SHARE

この記事のURLとタイトルをコピー

サウルルス
Saururus cernuus

  • 中光量~高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 3~6cm
  • 中景草、丸葉、ユニーク
  • 北米
  • アメリカハンゲショウ、リザードテール
この記事の著者
轟元気

プロアクアリスト

轟元気

とどろきげんき

プロフィール

業界歴15年の中堅。現在は埼玉県坂戸市にあるアクアリウムショップ「e-scape」の店長をしています。本ブログ、Ordinary-Aquariumでは「水草水槽の知識」を中心に今までの経験を基にした実践的な知識、技術を初心者の方にも分かりやすく解説していきます。プロフィール詳細リンク、転載、引用について

レイアウトのコツ

スペードのような形をした葉が美しい有茎草です。

グリーンの葉は葉脈部分が濃くなり網目状に模様が入ります。

真っ直ぐに水面を目指して成長しますが、成長速度はかなりゆっくりなので中景のポイントとしておすすめです。

葉1枚1枚の印象が強いため少ない本数でも十分なインパクトがあります。

45~60cmクラスの水槽なら3~5本、90~120cmクラスの水槽なら10~15本程度もあればボリュームのある茂みを作ることができます。

葉の形が特徴的なことから、ロタラの仲間ルドウィジアの仲間ハイグロフィラの仲間などと組み合わせて配置すると効果的です。

育成のコツ

育成自体はCO2無添加でもできるのですが、成長がかなり緩やかなことからキレイに育てるためには添加したほうが良いでしょう。

高光量下のほうがキレイに育ちますが、成長が緩やかなことから藻類の付着に注意が必要です。

そのため、養分の多い栄養系ソイルなどの底床よりも、砂や砂利、吸着系ソイルを使用した貧栄養の環境のほうがキレイに育てやすいです。

肥料が不足すると葉色が黄色~白色になります。

葉色が薄くなってきたら肥料を追加しましょう。

液体肥料、固形肥料ともに効果的ですが、成長が緩やかなので固形肥料のほうが使いやすいです。

株の根元付近に埋めてあげましょう。

おすすめの底床 【2021年版】水草水槽におすすめの底床 ーソイル、砂利、砂をプロが選別!ー 液体肥料と固形肥料の違い 【水草の肥料】液体肥料と固形肥料の違い ー特性を知って上手に使いこなそう!ー

分類

ドクダミ科 サウルルス属 サウルルス

図鑑の使い方

この図鑑の使い方はこちらで確認できます。

「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

簡単チェック!

水草が枯れてしまう原因

水草が育たない原因を探る簡単なチェックシートを作りました。

直感的に答えていくと30秒で17通りの回答へたどり着きます。

まずは現環境に何が足りないのか(何が多すぎるのか)を把握して、正しい方向を目指しましょう!

水草の育て方

水草育成論

Ordinary-Aquariumでは、私が今まで培ってきた水草育成の技術、知識を初心者の方にも分かりやすく解説しています。

どれも、実際に試して有効なものばかりですので、水草をもっと上手に育てたい方は他の記事もぜひご覧ください。