【まずはココから!】カリウム肥料の使い方をマスターする -初心者の方向け-

ノタヌキモ

この図鑑の使い方はこちらで確認出来ます。「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

「水草図鑑の見方」へ飛ぶ

ノタヌキモ
Utricularia aurea

  • 高光量
  • 必要
  • 軟水~中硬水
  • 10mm~20mm
  • ユニーク
  • アジア、日本、インド、オーストラリア
  • タヌキモ

レイアウトのコツ

フサフサとした葉が可愛らしい浮草の仲間です。

実は「食虫植物」の仲間で虫を取る「捕虫嚢」が葉にたくさん付いています。

根を持たず漂うように生活しているので、水流があると絡んでしまい、あまり美しくありません。

フィルターの無いお外の睡蓮鉢などビオトープで楽しむのに向いている水草です。

育成のコツ

キレイに育てるには高光量が必要です。

水槽で育てる場合はCO2添加が必要ですが、お外の睡蓮鉢など太陽光下で育てるならCO2無添加でも大丈夫ですよ。

虫を食べるという特性は「ミネラル分の極端に少ない環境」に適応するために生まれました。そのため、ソイルなどを使い軟水環境を作るとキレイに育てやすいですよ。

虫を食べさせると?

ブラインシュリンプの幼生やミジンコなどの小さな生き物が捕虫嚢のそばを通ると、吸い込まれて食べられてしまいます。

数時間程度で消化され吸収されてしまうようですよ!

参考 タヌキモ属Wikipedia

分類

タヌキモ科 タヌキモ属 ノタヌキモ

Ordinary-Aquariumを応援する

この記事が気に入ったらクリックして応援していただけると嬉しいです。ランキングが上昇して記事執筆のモチベが上がります!「ブログ村」と「人気ブログランキング」へ参加中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です