【まずはココから!】カリウム肥料の使い方をマスターする -初心者の方向け-

温帯スイレン

この図鑑の使い方はこちらで確認出来ます。「光量」「水質」などの考え方をまとめてありますので合わせてご覧くださいませ。

「水草図鑑の見方」へ飛ぶ

温帯スイレン
Nymphaea albaなど

  • 高光量
  • 不要
  • 軟水~中硬水
  • 8cm~20cm
  • センタープラント、丸葉、ユニーク
  • 改良品種がほとんど
  • スイレン

レイアウトのコツ

ビオトープで楽しむことの多いスイレンですが、水槽でも楽しむことが出来ます。

基本的に上から葉を見たほうがキレイなので「オープンアクアリウム」で使うと良いでしょう。

それなりに大きな葉を出すので120cm以上の水槽でレイアウトしたほうがキレイに見えますよ。

植えたところから「放射状」に葉を広げます。

ガラス面に葉がつくと窮屈に見えるので、開けたスペースに植えましょう。

様々な改良品種があり、葉色、大きさ、花の色などが違います。

お気に入りを見つけるのも楽しいと思いますよ。

元気

私はこの図鑑の画像で使っているような「迷彩柄」みたいな葉のタイプが好きです。

育成のコツ

強光」を用意できれば育成は難しくありません。

肥料を多く必要とするので「底床肥料」を根本へ入れてあげましょう。

花を咲かせるには

まずは状態の良い株を手に入れることが重要です。

株が小さいと花が咲かないので、1~2年程度育てる必要があるかもしれません。

すぐに花を楽しみたいなら株の大きなものにしましょう。

MEMO
花色が「黄色」「白色」のものは咲かせやすいです。

色々な品種

数え切れないほど品種がありますよ。

花の表現が様々で本当に美しいです。

参考 温帯スイレン各種杜若園芸

分類

スイレン科 スイレン属 温帯スイレン

Ordinary-Aquariumを応援する

この記事が気に入ったらクリックして応援していただけると嬉しいです。ランキングが上昇して記事執筆のモチベが上がります!「ブログ村」と「人気ブログランキング」へ参加中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です