「直感」で選ぶ水草図鑑を作りました!

【DIY】「エーハイム2213サブフィルター」と「キャプコン」を使ってCO2ミキサーを作る

今回は私が自宅の水槽で使っているCO2ミキサーの作り方をご紹介します。

市販品が廃盤になってしまったので自分で作りました。
エーハイムのサブフィルターにキャプコンを装着すると割と簡単に出来るので、DIYが好きな方は作ってみても良いかもです。

90cmサイズ以上の水槽を使っている方はCO2添加量が多いので、ガス代がバカにならないと思います。CO2添加方法の中で最もロスの少ない「ミキサー」を導入してコスト削減してみてはいかがでしょう?

MEMO
「CO2ミキサー」とは外部式フィルターに接続して使うCO2拡散容器のことです。詳しくはこちらをお読みください。
「CO2ミキサー」へ飛ぶ

はじめに

DIYは自己責任で!
水が通る部分に穴を開けてCO2を添加するシステムなので、どう頑張っても水漏れリスクを「0」に出来ません。各自の責任で作業してくださいませ。

準備するもの

予め準備するものをリストアップしました。
工具類はアクアリウム系DIYで良く使うものだけ(ほとんど)で作れるので、家にすでにある方も多いのでは?

材料
  1. エーハイム 2213サブフィルター
  2. オーム電機 防水型キャプコン OA-W1606
  3. ステンレス丸パイプ 外径5.1mm
  4. シリコンチューブ(外径6mm、内径4mm程度) 20cm程
  5. L型ジョイント(無くても大丈夫)
  6. 逆流防止弁(絶対忘れないで!)
  7. CO2拡散器(ストーンタイプがオススメ)
工具
  1. 電動ドリル or インパクトドライバー
  2. ドリルヘッド(21mm穴開け加工用)
  3. やすり
  4. パイプカッター
  5. スパナ、レンチなど(トルクレンチがあると便利)

材料解説

① エーハイム 2213サブフィルター

2213 サブフィルター

本体はコレにしました。
2213は一番扱い慣れている外部式フィルターです。サブフィルターは同じ筐体で出来ているので同じように扱えるので良いです。樹脂製なので加工がしやすい点もポイントでした。
参考 2213サブフィルターエーハイム


② オーム電機 防水型キャプコン OA-W1606

OA-W1606

今回の肝。
こいつの存在を知ってミキサーの制作を決めました。
ミキサーを作るに当たり、一番考えたのは「水漏れリスク」です。他の方法だと、どうしてもリスクが大きくなってしまうか、メンテナンス性を犠牲にするしか無く製作をためらっていましたが、こいつのおかげで一気に解決しました。しかも、「簡単」に取り付けられます。

要するに
「簡単に穴に取り付けられて、パイプを通し、固定するもの」
とお考えください。
参考 防水型キャプコン OA-W1606オーム電機


③ ステンレス丸パイプ 外径5.1mm

ステンレス丸パイプ

キャプコンに通して使います。
別にステンレスで無くても、プラでも良いですよ。
せっかくなのでステンレスにしてみました。
下記のシリコンチューブなら「外径5mm~6mm」まで付けられるのでサイズはお好みのものを使ってください。
参考 ステンレス丸パイプ 外径5.1mmモノタロウ


④ シリコンチューブ(外径6mm、内径4mm程度) 20cm程

シリコンチューブ

要するにエアーチューブです。
ステンレスパイプやCO2拡散器との接続に使います。
普通のエアーチューブでも出来なくは無いのですが「作業のしやすさ」「メンテナンス性」を考えてシリコンチューブを強くオススメします。

注意
成分をチェックして「シリコン100%」であることを確認してください。100%でないとダメですよ。後悔するので絶対確認しましょう。

参考 シリコンチューブ(外径6mm、内径4mm程度)太平洋セメント
参考 シリコンチューブ(各サイズ)モノタロウ

⑤ L型ジョイント

L字ジョイント

これは無くても大丈夫です。
配管をスッキリまとめたかったので使いました。
参考 L型ジョイントグリーンズ


⑥ 逆流防止弁

メタルチェックバルブ

通常の添加方法と異なり
「逆流防止弁を使わないと必ず水漏れ」
しますので注意してください。
出来れば2箇所につけてリスクヘッジしたいですね。
参考 メタルチェックバルブグリーンズ


⑦ CO2拡散器

ミストストーン

CO2を細かな泡にしてより溶解効率を高めます。
本家ミキサーは付けなくても溶解効率がそこそこよいのですが、2213サブフィルターの場合は水の動きの関係で拡散器を付けないと溶解効率が悪いです。
弱い圧力でもちゃんと細かな泡がでるストーンタイプの拡散器をオススメします。

注意
より細かな泡が出る「ハイプレッシャータイプ」の拡散器は使わないほうが良いです。CO2配管の接続部分が多いので強い圧力が掛かると配管が外れる危険があります。外れたら「水漏れ」ですよ。

参考 ミストストーンアクアフォレスト

工具解説


① 電動ドリル or インパクトドライバー

充電式インパクトドライバー

ベーシックなもので大丈夫です。
手動のドリルでも出来ますが大変なので電動をオススメします。
参考 充電式インパクトドライバーモノタロウ


② ドリルヘッド(21mm穴開け加工用)

21mmドリルヘッド

今回の制作にあたり買い足しました。
今のところ、ミキサー制作以外に使っていません。。
無いと制作出来ない訳ではありませんが、不便なので買ってしまいました。
参考 ドリルヘッド(21mm穴開け加工用)モノタロウ


③ やすり

やすり

穴あけ加工後のバリ取りに使います。
100均にあるような簡単な紙ヤスリでも十分ですよ。
参考 やすりモノタロウ


④ パイプカッター

パイプカッター

ステンレスパイプのカットに使います。
アクアリウムDIYは何かとパイプをカットしますので、ヘビーユースしています。のこぎりでカットするよりも格段に作業スピードがアップしますよ。
参考 パイプカッターモノタロウ


⑤ スパナ、レンチなど(トルクレンチがあると便利)

モンキーレンチ

キャプコンの取り付けに使います。
私はCO2レギュレーター接続に使っているモンキーレンチを使いましたが「トルクレンチ」をお持ちの方はもっと簡単に作業が出来ると思います。
参考 モンキーレンチモノタロウ

制作方法

手順1
ヘッドカバーを開ける
サブフィルターのヘッドカバーを開けます。マイナスドライバーを使うと開けやすいですよ。
手順2
穴を開ける
キャプコン接続用の穴を開けます。今回、一番時間のかかった作業でした。
手順3
ステンレスパイプをカット
キャプコンに通すステンレスパイプをカットします。
手順4
配管パーツの接続
キャプコン、ステンレスパイプ、シリコンチューブ、逆流防止弁、L字ジョイントを接続します。
手順5
ヘッドカバーを閉じる
作業が終わったらヘッドカバーを閉じます。
手順5
完成!
実際に可動させて水漏れが無いかチェックしてください!

手順1
2213サブフィルターのヘッドカバーを開けます。
普段触ったこと無いところだと思いますが、実はこの部分は外せるんです。爪の部分にマイナスドライバーなどを差し込むようにすると簡単に外れます。


手順2
キャプコンを接続するための穴を開けます。
位置は下記画像を確認してみてください。このあたりであれば多少ズレていても大丈夫ですよ。

穴開け位置
樹脂製なので負荷が掛かると割れてしまうかもなので慎重に作業しましょう。穴が空いた後はバリが結構出ますので、やすりを使って取り除きましょう。バリが残っていると「水漏れ」の原因になりますよ。

バリをキレイに取る


手順3
ステンレスパイプをカットします。
ステンレスパイプをカット
パイプカッターを使えばステンレスであろうと簡単にカット出来ますよ。
切り口が鋭利なので手を切らないように注意してください。

長さはフィルターケースの底までギリギリ届くくらいで大丈夫です。
先にCO2ストーンを取り付けて、長さを見ながらカットすると作業しやすいですよ。キャプコン部分で長さの微調節が可能(数cmくらい)なのでそんなに神経質に長さにこだわらなくても大丈夫ですよ。
ギリギリにする


手順4
各配管パーツを接続していきます。
まずは今回の肝「キャプコン」を取り付けます。

キャプコンを付ける
締め付けトルクなどの情報は「オーム電機の公式ページ」にてご確認ください。モンキーレンチでも十分に作業出来ますので、そんなに心配しなくても大丈夫です!

キャプコンを取り付け終えたら、他のパーツをセットしちゃいましょう。

配管を接続
ステンレスパイプを接続

ここまでしなくとも大丈夫なのですが、念の為、接続部分を「結束バンド」で固定しました。


手順5
終わったらヘッドカバーを閉じます。
シリコンチューブはもともと電源ケーブルを通す用の穴から外に出すようにすると良いです。

電源用の穴


手順6
完成です!お疲れ様でした!!
DIYに慣れた方なら1時間もかからないんじゃないでしょうか?
実際に可動させて水漏れチェックをしましょう。

オプション

途中で配管を2つに分岐して
CO2添加 ⇔ エアーレーション
をスイッチ出来るようにしました。

ライト点灯時 → CO2添加
ライト消灯時 → エアーレーション
にしています。

注意
エアーレーションもする場合はCO2拡散器をエアーでも出るタイプのものにしてください!

ミキサーを可動させるフィルター

オススメは
エーハイム クラシックフィルター2217
です。

流量でCO2の溶解効率が変わります。
パワーの弱いフィルターだと効率が悪くなってミキサーにした意味があまりなくなってしまいます。

出来れば「15L/分」以上の流量が欲しいですね。

フィルターと接続する際は「ダブルタップ」をもう一つ追加しましょう。
メンテナンス性がグッと良くなるので、ぜひ取り付けましょう。

ダブルタップを追加

水漏れしてしまう場合

考えられる原因としては以下の3点が可能性高いと思います。

  • 穴開けを間違えてる
  • バリ取りが甘い
  • キャプコンの締め付けが甘い

・穴開けを間違えてる
キャプコン接合サイズ21mmよりも大きな穴が空いていると水漏れします。
多少ならパッキンでどうにかなりますが、それ以上に穴が大きい場合はどうにもならないです。
「キャプコンを一つ上のサイズにする」
「サブフィルターを買い直す」
しかないと思います。

・バリ取りが甘い
外してもう一度、バリをキレイにしましょう。

・キャプコンの締め付けが甘い
恐らく一番多いパターンでは無いかと思います。
もうちょっとキツく締めてみましょう。

まとめ

私の作ったものは、かれこれ2年くらい可動しています(2019年2月現在)
最初にキャプコンの締め付けが甘くて水漏れしましたが、それ以降はまったく問題無く連続稼働しています。

ミキサーの良いところは一度セットしてしまえば、ほとんどメンテナンスフリーという点です。なので、2年間で一度しか中を開けてメンテしていません(ストーンを交換しました)溶解効率も良いので添加量を抑えられ、お財布に優しいですよ。

元気

「自分で使う道具を自分で作る」というのも趣味の醍醐味ではないでしょうか?興味のある方はぜひ制作にチャレンジしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です