「直感」で選ぶ水草図鑑を作りました!

「砂利」とは何か?砂利系底床を水草水槽向けに徹底解説

今回は「砂利」を徹底解説したいと思います。

水草には「ソイルを使え!」と言われていますが
「砂利でもキレイな水草水槽を作ることが出来ますよ!」

この記事を読めば、砂利系の底床でも水草水槽が出来るようになりますので興味のある方はぜひ読んでみてください。

元気

ソイルで上手く水草水槽が出来なかった方は、もしかしたらソイルと相性が悪かったのかもしれません。この記事を読んでぜひ「砂利系底床」で再チャレンジしてみてください!
この記事の砂利の定義

  1. 直径5mm以下
  2. 水質を過度にアルカリ、硬水に傾けない

砂利とは

砂利とは小さな石や砂が集まったものです。
多くの方が初めて水槽に入れた底床は砂利だったのではないでしょうか?

ソイルが発売されるようになって久しいですが、いつしか
「ソイルを使わないと水草は育たないよ~」
と言われるようになりました。

でも昔の水草水槽を見てみてください。
大磯砂でも「有茎草がたくさん茂っている水槽」や「グロッソスティグマが絨毯になっている水槽」がありました。

たしかに今よりもキレイに水草が茂っている水槽は少なかったと思いますが、作ろうと思えばできるんですよ!

その為には「ソイルとの違いを知る」のが近道です。

ソイルについてはこちらの記事でまとめました。
併せて読むと「底床」についてグッと詳しくなると思います。
興味のある方は暇な時にでも目を通してみてください。
ソイルとは? 「ソイル」とは何か? 水草用ソイルを徹底解説

ソイルとの違い

私はソイルとの一番の差は
「CEC(陽イオン交換容量)」
にあると考えています。

 CEC(しーいーしー)とは陽イオンを蓄えられる量のことです。要するに肥料をどれだけ保っていられるかの度合いです。一般的にソイルは高く、砂利は少ない(ほとんど無い)です。

私達が考えている以上に水草は養分を必要としており(事実、毎日液肥を添加すると見違えるようにキレイになる)その都度バクテリアの力を借りて、または自身の根の作用でゆっくりと養分を吸収出来るようになるソイルは水草の成長にとって理にかなっているのだと思います。

弱酸性化、軟水化等の水質調整に関しては添加材やろ材等ほかにソイルの代りになるものはたくさんありますがCECとなるとあまりありません。

そのため本格的な水草水槽を作るならソイルの方が有利です。


「それじゃあソイルでいいじゃんか」
と思いますが
「含まれている養分が多い」
ということがソイルの弱点でもあるんですね。

養分を上手く処理出来ないと下記のようなトラブルが起きます。

  •  苔が出る
  •  白濁する

・苔が出る
養分が余っている状態が続くと、苔が大量に増えてしまう可能性があります。

・白濁する
養分をご飯にしてバクテリアが大量に増えます。
良いヤツ、悪いヤツ関係無く増えるので、落ち着くまで水が「白濁」します。

様々な追加効果で水草が良く育つ環境が簡単に手に入るけど、それが悪い方に働くと「苔」や「濁り」に悩まされる水槽になってしまう。
それが
「ソイル」
です。

ソイルを使用した水草水槽の場合、セット初期はマメに換水しましょう!と言われています。これは水草の活性をあげることの他に余っている養分を換水によって取り除く狙いがあります。
2日/1回50%換水みたいな頻度なので、結構大変だと思いますよ。

砂利のメリット、デメリット

メリット
  • メンテナンスが楽
  • 様々なサイズ、色、形のものがある
  • 半永久的に使える
デメリット
  • 肥料が含まれていない
  • 肥料切れが早い
  • 水草によっては水質を調整しないと育たない

メリット解説

・メンテナンスが楽
特に養分が含まれている訳では無いので「セット初期に換水に追われる」なんてことはありません。
また、寿命がないのでずっと使えます。定期的なリセットが必要なソイルと比べ、長期維持しやすいですよ。

・様々なサイズ、色、形のものがある
砂利系の方が圧倒的に表現が豊富なのでこの点はソイルに圧勝していますね。ソイルは基本的に黒か茶色しかありません。
砂利には「自然な川底のようなもの」「明るいクリーム色」「真っ白」「青や赤のカラーサンド」など様々なバリエーションがあります。

水草が茂らずソイルが見切れてしまうと見苦しいことがありますが、砂利の場合は気になりません。
あえて前景草を植えず砂を見せる「化粧砂」なんて手法もありますしね。

全部砂利にしてしまえば、後ろに敷いたソイルが崩れて化粧砂を汚してしまうなんてストレスから解放されますよ!

・半永久的に使える
砂利には寿命はありません。半永久的に使用出来ます。
一度購入すれば長~く楽しめますので経済的ですよ。

デメリット解説

・肥料が含まれていない
基本的に砂利には肥料が含まれていないので、水草水槽を作る場合は予め肥料を入れる必要があります。
セット時に固形タイプの肥料を混ぜるように入れると良いです。

肥料を使いこなすのは難しいので、とりあえずは固形タイプの「カリウム肥料」を入れるだけにした方が無難かもしれません。

・肥料切れが早い
ソイルと違い養分を保持する力がほとんど無いので、適時追加する必要があります。日頃、追加していく肥料は「液肥タイプ」がオススメですよ。

・水草によっては水質を調整しないと育たない
一部の水草は「pHを下げる」「軟水にする」水質調整をしないと調子を崩してしまいます。pH降下剤や軟水化作用のあるろ材の使用がオススメです。
こちらで水質調整用品をまとめましたので見てみてください。
水質調整グッズ紹介へ飛ぶ

砂利系底床が向いている水槽

  • 成長の緩やかな水草をメインにしている水槽」
  • 低光量、CO2添加無しの水槽」
  • ソイルを使うと水草の成長が早いのでトリミングが手間だ!」という方
  • 肥料について学びたい方

成長の緩やかな水草をメインにしている水槽

水草の代謝が遅く、養分消費量が少ないので養分が余りやすいです。このような水槽ではソイルを使用するよりも砂利系を使用した方が管理が楽ですよ。
ソイルに含まれる養分が処理出来ないと「苔」と「白濁」に悩まされるかもしれません。

「低光量、CO2添加無しの水槽

上記と同様です。
低スペックの環境では水草の代謝が遅いので、あまり養分を必要としません。

「ソイルを使うと水草の成長が早いのでトリミングが手間だ!」という方

ソイルと比べると成長スピードが緩やかになるので、トリミング頻度が少なくなります。水草レイアウターの方は最初の頃、水草がグイグイ育つのが楽しいのですが、そのうちトリミングに疲れてくる時期がきます。
(水草が元気に育つのは本来メリットなんですが。。。)

元気

この時期が来ているあなた!砂利系底床で水草にチャレンジする時期かもしれません。

肥料について学びたい方

砂利系底床ならご自身で添加しない限り養分がないので
「肥料の添加加減で水草の成長をコントロールすることが出来ます」

ソイルのように予め養分が入っていないので、「肥料の効果」をはっきりと感じられますよ。そのため肥料について勉強するのにとっても都合が良いんです!

MEMO
CECは過度に入れた養分を吸着する作用もあるので、養分過多、過少どちらも微調整してくれます。これはとっても都合が良いんですが、添加した肥料が効いてるのか効いてないのか分からなくなることがあります。

オススメの砂利系底床

こちらでオススメの砂利系底床をまとめました。
オススメのソイルも書きましたので、ぜひ底床選びに活用してみてください。
「オススメの砂利系底床」へ飛ぶ

まとめ

砂利系底床の場合、基本的にソイルと比べ水草に成長が緩やかになります。
水景が出来上がるまでの時間は長くかかりますが、その分、ゆったりとしたペースで楽しめると思います。

元気

「換水」「トリミング」に追われて疲れてしまった方には、ぜひ砂利系底床をオススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です