【初心者向け】カリウム肥料の使い方

【IAPLC2019】世界水草レイアウトコンテスト 出品水槽の作り方 vol4 反省と各種データ

本記事では「IAPLC2019に出品した水槽の作り方」をご紹介します。

vol4は「反省と各種データ」です。

皆さんの参考となるように、各種データを公開します。

水質のデータは僕が水草水槽を作る際に基本となる数値なので、きっと皆さんの水槽にも応用出来るはずですよ!

vol1~vol3はこちらからご覧になれますよ。

vol1コンセプトと構図組 vol2植栽と注水 vol3水草育成と完成カット

反省点

  1. コントラストが無い
  2. ウィローモス多すぎ
  3. 魚が少ない

こちらの3つが今回の主な反省点。

それぞれ、自分なりに良くする方法を考えてみました。

コントラストが無い

一つの塊に見える

石、流木、空間、影などそれぞれ別々のファクターの境界が曖昧で同じ「一つの塊」に見えてしまっています。

特に左背面が重たい印象になってしまったので、川の爽やかな風情が失われていますね。

  • 強く影を作る
  • ウィローモスを活着させるところにメリハリをつける
  • 思い切って空間をあける

などの思い切った施策が必要でした。

構図完成

水草植栽前の時点では、川の流れを連想させる荒々しさがもっとあったのですが、、、

水草の成長が与える水景の変化を上手くコントロール出来ませんでした。

ウィローモスが多すぎ

ウィローモスが多すぎ

①のコントラストが無いとかぶりますが、石と流木に対して全体的にウィローモスを活着させた結果、石なのか流木なのか曖昧になってしまいました。

結果論ですが、今回のレイアウトなら石には活着させない方が良かったですね。

ウィローモスを塗る
ウィローモスペインティング

ウィローモスを細かく切って塗る活着スタイルの「モスペインティング」はキレイになるまで時間のかかる方法なのですが、その分、しっかりと活着します。

もっと少ない量でよかったみたいですね。。

まだ、そこまで回数をこなしていない活着方法なので、読みが甘かったようです。

魚が少ない

魚が少ない

そもそも、そもそもですよ!

アラバマレインボーシャイナーが見せたいレイアウトだったのに、魚が全然目立っていない、、、

アラバマレインボーシャイナー

アップで見ると良い感じなんですけどねー。

今回は50匹入れましたが、100~150匹くらい入れるべきでしたね(予算がすごいことになりますが)。

1年くらいかければMAXサイズまで成長するはずなので、それから撮影するなら50匹でも良いかもしれません。

発色も本気を出したらこんなもんじゃ無いんですが、今回の育成期間ではこれが精一杯でした。

もしかしたらアラバマレインボーシャイナーもタナゴなどと同様に「冬⇒春」のような水温変化から発情して発色するのかもしれませんね。

冬場は無加温の別水槽で育成して、春になったら本水槽へ移す、そして発情したら撮影なんてパターンが良いのかも?

撮影時だけお魚を入れる手法は嫌いなので、この方法にチャレンジすることは無いでしょうが、一応今後のために頭の片隅に入れておくことにします。

各種データ

使用した機材、水質データなどを参考までに公開します。

2018年に使用したものと機材、水質ともに同じような感じです。

細かな解説は2018の記事を読んでみてください。

2018年出品作品のデータ

使用機材

水槽120cm×60cm×60cm
ろ過エーハイム2217と2215
ライトADA ソーラーRGB 2台 12時間点灯
CO2自作ミキサーにて1秒/3滴
底床川砂、川石
肥料オリジナル肥料を2~3日毎に適量

水質

  • 水温 18℃ ⇒ 22℃
  • pH 6.0~6.5
  • GH 3以下
  • KH 3以下
  • TDS 50~100ppm

管理

管理も基本的に2018年とやっていることは同じです。

2018年出品作品のデータ

水温の調整だけアラバマレインボーシャイナーの発色を促すために、変えてみました。

水温 18℃ ⇒ 22℃

お魚を入れた当初は18℃で管理していました。

これは水草の成長速度を考えるとギリギリのライン。

今回使った水草達ならもっと低い水温でも枯れないのですが、成長速度がかなり遅くなってしまいます。

真冬だったので、クーラーを使わず、ヒーターを18℃設定で作動させるだけなのでお手軽でした。

しばらく18℃で管理をして、季節が春に近づくにつれ、自然の気温の上昇に合わせて変わるのに任せていましたよ。

4月くらいからは設定温度を22℃にして管理をしていました。

結論

4℃くらいの温度変化では効果なし

アラバマレインボーシャイナーをがっつり発情させるなら、もっとダイナミックな水温の変化が必要?

18℃⇒22℃程度の変化なら、無くても発色に影響無さそうなので、水草の育成にフォーカスして25℃くらいに管理したほうが良かったかも?

もしかしたら日照時間に長さも発情に影響しているかもしれません。「冬場⇒短い点灯時間」から徐々に長くしていくような管理も有効かもしれませんね。

元気

いつかもう一度チャレンジしたいお魚です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA